味付けの鍋でしゃぶしゃぶ料理 

味付けの鍋でしゃぶしゃぶ料理 

今まで食べた中で一番高いしゃぶしゃぶ料理は、海の幸のしゃぶしゃぶです。ふぐのしゃぶしゃbは、昆布だしの香りが強い鍋に、ふぐを入れて、白くなる前にさっと取り出して、つけたれは、ポン酢にネギ、すだちを絞ったのを入れて、ふぐをいただくのですが、コリコリとして、噛むごとにふぐの旨みが出てきます。しゃぶしゃぶで好きなメニューは海鮮のしゃぶしゃぶが多いです。ふぐの身や皮や鯛、はもなどのしゃぶしゃぶが最高だと思います。残った鍋に、白菜やセリなどの野菜を加えて、雑炊にして食べることがお気に入りの楽しみ方です。海の香りの強い雑炊が最後の締めに欠かせません。初デートのお店でしゃぶshばうに行くのはOK、その時は、かにしゃぶしゃぶが食べたいと思います。刺身でも出しているズワイガニをしゃぶしゃぶでいただくから、新鮮で旨みのあるカニの味が楽しめると思います。今まで行った中で一番変わったしゃぶしゃぶは、辛めのしゃぶしゃぶです。鍋のだしは煮干しだと思いますが、トウガラシの粉やコチジャンが入っている感じで、ピリ辛味でした。具は、白菜、根き、春菊、しいたけやエノキ茸、えびやたこなどの魚介類を入れていただくのです。しゃぶしゃぶと言うより、一緒に入れて煮込んでしまった方が、味がしみ込んでごはんが進みそうです。今までのしゃぶしゃぶの食べ方とは違っておりました。味噌味にして、牛肉をしゃぶしゃぶして食べるとまた、違った味が楽しめると思います。

新着情報

おすすめサイト

関連情報

copyright © 味付けの鍋でしゃぶしゃぶ料理  All Rights Reserved.